出水総合医療センター

診療科一覧はこちらから

消化器内科

業務内容、特色

 消化器内科には、消化器病学会専門医・消化器内視鏡学会専門医が在籍し、消化管疾患(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、胆膵疾患(胆嚢、胆管、膵臓)、さらに肝臓疾患まで幅広い領域の病気を扱っています。当院は消化器疾患センターを併設しているのも特徴であり、外科的加療が必要な患者さんは、当院外科とすぐに連携し、治療方針を決定します。また、鹿児島大学病院消化器内科の関連施設として、大学病院と連携をとりながら診療にあたり、質の高い治療に努めています。基本的には、急性疾患から慢性疾患まで多くの患者様の診療に携わり、緊急を要する吐下血や胆管炎の患者様の緊急内視鏡も24時間可能な体制をとっており、北薩地域の基幹病院として、高度できめ細かい医療を提供いたします。

1.上下部消化管疾患

 逆流性食道炎に対する治療や慢性胃炎に対するピロリ菌チェック及び除菌治療などはもちろんのこと、早期の食道・胃・大腸癌の診断・治療を行っています。早期癌の領域では、特殊光(Narrow band imaging;NBI)システムを導入し、拡大内視鏡を併用してより正確な術前診断が可能となりました。このような正確な術前診断を基に、早期消化管癌に対する治療内視鏡を積極的に行っています。特に内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic Submucosal Dissection; ESD)は、今までは内視鏡的に切除が困難であった広範囲の早期消化管癌に対しても一括切除が可能となり、外科治療に匹敵する成績が得られています。また、術後や進行癌による消化管狭窄症状の改善をめざし、バルーン拡張術・ステント留置術なども行っています。内視鏡大腸ポリープ切除も積極的に行っており、基本的には日帰り手術を行っています。さらに、食道・胃静脈瘤に対する硬化療法や結紮術も積極的に行っています。一方でクローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の診断・治療も積極的に行っています。5-ASA製剤や分子生物学的製剤、免疫調節剤、さらに白血球除去療法などを積極的に行い、良好な治療成績を得ています。 その他、小腸ダブルバルーン内視鏡も導入しており、原因不明の消化管出血や小腸腫瘍などに対して、カプセル内視鏡と組み合わせて診断・治療を行っています。

2.胆膵疾患

 内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)や超音波内視鏡(EUS)による診断を行っています。また、総胆管結石、胆石性膵炎など胆道系疾患による救急患者さんも多く、ERCPを応用した内視鏡的乳頭切開術(EST)、内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)、胆管・膵管ステント留置、内視鏡的胆石・膵石除去術などの治療手技を積極的に行っています。さらに超音波内視鏡(EUS)を用いて、EUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診)を行い、膵癌や粘膜下腫瘍の診断も行っています。その他、悪性疾患には抗癌剤治療なども行っています。

医師紹介

 
役 職 氏名 担当分野 専門医資格・所属学会等
副院長
(消化器疾患センター長)
藤田 浩 消化器内科 日本内科学会総合内科専門医
日本消化器学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
日本大腸肛門学会専門医
日本ヘリコバクター学会認定医
鹿児島大学医学部臨床教授
難病指定医

(所属部会)
日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
日本大腸肛門学会
日本ヘリコバクター学会
消化器内科部長 軸屋 賢一 消化器内科 日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医

(所属部会)
日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
医師 篠原 宏樹 消化器内科
医師 福迫 哲史 消化器内科
非常勤医師 那須 雄一郎 消化器内科 日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医

(所属部会)
日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
非常勤医師 田ノ上 史郎 消化器内科  

業績

2016年度
上部消化管内視鏡検査 2300件
下部消化管内視鏡検査 814件
ERCP検査(胆管膵管造影) 80件
超音波内視鏡(上部・下部・胆膵) 104件
腹部超音波検査 1540件

(主な治療処置)
緊急消化管止血術 34件
ESD 31件
EMR 132件
胃瘻造設 26件
ステント留置術 22件

認定施設

日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本消化管学会胃腸科指導施設

外来診察案内

○外来診察日程につきましては、担当医表をご覧ください。