出水総合医療センター

中央手術室

概要

 麻酔科常勤医師1名、看護師7名、看護補助者1名が手術を受けられる患者さんのために活動しています。出水市を中心とし北薩圏域の広い地域の皆様に、多くの手術治療を提供できるよう、地域医療を担う急性期病院として可能な限り24時間の緊急体勢を取っています。
 中央手術室は病院の2階にあります。手術室は5室あり、そのうち1室はバイオクリーンルームを有し、人工関節の手術に対応しています。臨床工学士、放射線科技師、薬剤師、臨床検査技師などと連携し、手術が安全に、かつ円滑に行われるよう専門的技術や知識を提供しています。
 手術室の清潔な環境の維持、手術器械の洗浄・消毒・滅菌・保管そして手術前の準備、患者さんの全身状態の把握とそれに基づくケア、実際の手術中の介助、そして後片付けと多岐にわたる仕事を行っています。手術看護の動向は、日本手術看護学会に所属し、情報交換や研鑽に努めています。
手術室    手術室

手術担当科及び診療科別予定手術日

 緊急手術は予定手術日の枠外で実施しています。また、緊急手術のため予定手術の時間が変更になることもあります。
 午前(n)  午後(%)
 月曜日    外科、整形外科
 火曜日  整形外科  外科、脳神経外科(脊椎)、腎臓内科
 水曜日  外科  整形外科、総合内科
 木曜日  整形外科、脳神経外科  外科
 金曜日    整形外科、外科

手術室

手術前の担当の麻酔科医と手術室看護師による術前診察と術前訪問について

 手術を受ける患者さんの全身状態を前もって十分把握し、万全の準備を整え、また手術を受ける患者さんや、ご家族の不安を和らげるために、手術前日に麻酔科担当医と手術室の看護師による術前診察と術前訪問を行っています。休日の翌日に手術が予定された場合は、休日の前日に麻酔科担当医と手術室の看護師による術前診察と術前訪問を行います。臨時の手術や緊急手術の時には、手術当日に行うこともあります。

禁煙について

 喫煙は麻酔による合併症を起こしやすくし、また、傷の治癒を妨げたりします。手術が予定されたら、喫煙されている方は禁煙をお願いします。禁煙期間が不十分な場合、手術を延期することがあります。

苦痛の緩和について

 手術中はもちろん、手術後も患者さんに心身の苦痛が伴わないよう、また、痛みが軽減できるよう主治医、麻酔科医師、手術室看護師、病棟看護師、薬剤師などがチーム医療を心掛け協力して取り組んでいます。以前の手術で痛い経験をされた方や、手術は痛いものだというイメージをお持ちの方にも、ご安心のうえ、痛みの伴わない手術を受けていただけるよう努力しております。
 麻酔や手術室のことについて不安な点や疑問がありましたら、何でもご遠慮なくお尋ねください。